2018/09/06

Expiresヘッダで表示速度を向上!「ブラウザキャッシュ設定」機能提供開始のお知らせ

  1. Expiresヘッダで表示速度を向上!「ブラウザキャッシュ設定」機能提供開始のお知らせ

平素はエックスサーバー、エックスサーバービジネスをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度エックスサーバー、エックスサーバービジネスでは、
「ブラウザキャッシュ設定」機能の提供を開始いたしました。

本機能では、各ファイルへアクセスしたときのレスポンスヘッダに、
ブラウザのキャッシュ利用を指示する設定(Expiresヘッダ)を付加します。
同一ファイルへの再度のアクセス時にはブラウザのキャッシュファイルが利用されるようになり、
表示速度の向上や転送量の軽減が期待できます。

Expiresヘッダの付加は Google が推奨する高速化対応の一つであり、
本機能を有効にすることで Google PageSpeed Insights のスコア上昇も見込めます。

「ブラウザキャッシュ設定」機能をぜひご活用ください。

詳細は以下をご参照ください。

----------------------------------------------------------------------
■提供開始日
 2018年9月6日(木)

■提供対象
 エックスサーバー 全プラン
 エックスサーバービジネス 全プラン

 ※sv1〜sv1999.xserver.jpにつきましては、
  下記最新サーバー環境への移行メンテナンス実施後にご利用が可能です。
  『sv1〜sv1999サーバー』ハードウェアの大幅増強および最新サーバー環境への移行スケジュールについて
 
■ブラウザキャッシュ機能について
 ・ブラウザのキャッシュ利用を指示する設定をレスポンスヘッダに付加します。
 ・キャッシュを有効にした項目は最大7日間ブラウザに保持されます。

■ご利用方法
 サーバーパネルへログイン後、
 『高速化』カテゴリの「ブラウザキャッシュ設定」メニューにて
 ドメインごとにキャッシュを設定してください。

 ◇マニュアル
  エックスサーバー:ブラウザキャッシュ設定
  エックスサーバービジネス:ブラウザキャッシュ設定
----------------------------------------------------------------------